通信制高校のメリットをちゃんと活用しよう

Posted by giadmin on 2013年9月26日 with no Comments

通信制高校では前期・後期の二期制を利用し、自分の学びたい教科を中心に時間割を自分で作っていきます。同じ学年、同じ時期に入学していても、取っている授業が違うのであれば同じ授業に出ることはありません。全日制の場合は年間を通してカリキュラムが組まれていますが、年間行事などを除けば、自分のカリキュラムは自分で管理することとなるのです。


選択する科目で進学も変わる

高校の場合は大学などと比較すると必修科目は多くなります。ただし選択科目というものがあり、物理学などであれば、違う科目を選択することも可能です。ここで気を付けなくてはいけないのが、大学進学を考えている場合であれば、選択科目の中に学んでおかなくてはいけない科目があるかもしれないということです。理数系の大学の場合、大学側で物理の単位があることや生物の単位があることを受験資格に加えている場合があるのです。自分で教科を選ぶ場合は、自分の希望する進路のことも考えながら教科を選択しましょう。


空いている時間をどう使うのか

全日制の高校と比較すると、自分で自由に使うことのできる時間は圧倒的に通信制高校が多くなります。その時間を何のために利用したいのか、目的をはっきりとさせましょう。アルバイトをしたいのなら、月にどの程度働いて、何のために利用するか、自分の好きなことに使うのであれば、いつまでに作品や技を1つ完成させる、大会などがあるのなら出場するなどです。具体的な目的までしっかり持って、高校生活をたのしみましょう。

Copyright © 2013-2014 通信制高校に行く本音 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.1.1, from BuyNowShop.com.