通信制高校とスクーリング

Posted by giadmin on 2013年9月17日 | Short Link

通信制高校への入学を希望する方の中には学校に行きたくないから、という本音の方も決して少なくはありません。しかし通信制高校とはいえ3年間全く学校に通わず卒業できる、というわけではありません。


スクーリングとその頻度

通信制高校にもスクーリングと呼ばれる、言ってしまえば登校日が設けられています。このスクーリングにおいて学生の方は独学ではわからなかった勉強の疑問点や進路の相談などが行えます。しかしスクーリングは定期的な講師との面接、面談の意味合いも兼ねている為原則として必要数出席する必要があります。ただ、スクーリングの頻度は通信制高校によって異なり、多い所では全日制と変わらず週5で通う所もあれば、少ない所だと年間3~4日と言うところもあります。スクーリング頻度の少ない学校を選べば極力少ない回数の登校に抑える事は可能です。


通信制高校の登校日は行き先が学校とは限らない

ただ「学校に行きたくない」という理由で通信制高校を希望する場合は、スクーリングが学外の場所に通う事で少し気持ちの持ちようが変わってくるかもしれません。通信制のスクーリングは必ずしも学校で開催されるわけではなく、学校によっては観光地での合宿をスクーリングの代わりに実施している所もあります。体験学習などを主体としたこの合宿タイプのスクーリングは、学校への登校に懸念のある人でも案外気楽に楽しむ事ができると思われます。

Copyright © 2013-2017 通信制高校に行く本音 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.1.1, from BuyNowShop.com.