通信制高校に求められる意義の変化

Posted by giadmin on 2014年5月30日 | Short Link

全日制高校のシステムでは、就業しながら通うことは困難です。
授業の実施時間を変えれば通えるという学習希望者に対応するために定時制高校が出来ました。
現在では定時制にも夜間定時制、中夜間定時制、3部もしくは4部定時制など、多種多様の就業時間に応えられるようになってきています。
しかしそれでもなお全ての学習希望者の願いが叶うシステムではありません。


<通信制高校に求められた意義の変化>

定時制は「自分で働きながら高校に通いたい」という希望者には十分答えられるシステムでしたが、全日制と同様に「通うこと」を前提としていました。
それによって身体に障害があるなど「通うこと」が叶わない学習希望者は排除されてしまうことになります。
また夜間に就業する人の希望にも沿いません。
通信制高校は学年制が採用されず、時間割にも制約されません。それによって更に多くの学習希望者の願いを叶えることが可能となったのです。
これが通信制高校の意義でした。
このシステムは「不登校」や「全日制や定時制に馴染めない」といった問題を抱えた学習者の受け皿として注目されるようになりました。
これが「求めの変化」です。
それによって若年化してきたこともあり、通信制高校のシステムも私立を中心に「付加価値」の時代へとなってゆきました。

Copyright © 2013-2017 通信制高校に行く本音 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.1.1, from BuyNowShop.com.