通信制高校に通うなら私立がおすすめ

Posted by giadmin on 2013年9月17日 | Short Link

通信制高校にも全日制高校と同じ様に私立校と公立校の2つがあります。公立校の方が学費は安くなっていますが、果たしてこのどちらの方がより学習環境が整っており、さらに確実に高校卒業資格の取得が狙えるのでしょうか。それをここで探っていきましょう。


私立の通信制高校にはサポート校がある

私立校の方が学費は多少高くなっていますが、その代わりサポート校や姉妹校などの幅広いネットワークが整っているのが特徴です。学校設備自体が整っているのに加え、授業態勢も生徒ひとりひとりのフォローをしっかりと行なえる学校づくりになっているので、通信制高校に通うなら私立校の方がおすすめです。


私立校の卒業率を見れば一目瞭然

私立の通信制高校の方が支持を集めている証拠として挙げられるのが90%超えという高い卒業率です。98%を超えている学校も少なくありません。それに対して公立の卒業率は30%台という学校も少なくなく、その卒業率の圧倒的な差から見てもいかに私立校の方がしっかりとしたフォローがなされているかが分かるかと思います。通信制という言葉に惑わされやすいですが、私立校なら通信制教育以外の面でも学習カリキュラムが整っているので、どんな生徒にも胸を張っておすすめします。

<おすすめ通信制高校の詳細>
翔洋学園高等学校 学費(http://www.tsuushinsei-plaza.com/)

Copyright © 2013-2017 通信制高校に行く本音 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.1.1, from BuyNowShop.com.